モノづくり現場訪問

総合的な品質から生まれる医療機器の信頼 -信頼を支える3つの生産拠点-

ミナト医科学のモノづくりは、西紀工場(兵庫県篠山市)、神戶工場(兵庫県神戶市)、静岡工場(静岡県袋井市)の3つの生産拠点で行っています。

西紀工場 (Nishiki Factory)

西紀工場(Nishiki Factory)

西紀工場は、敷地面積11,900平方メートル、延べ床面積5,208平方メートル。
ミナト医科学のメイン工場であり多種にわたる製品の生産を担っています。
生産管理、工程管理、資材購買など、管理部門はここ西紀工場に置かれ、全社の生産業務を統括しています。

神戸工場 (Kobe Factory)

神戸工場(Kobe Factory)

神戸工場は、敷地面積6,160平方メートル、延べ床面積4,999平方メートルの神戸事業所の中心をなし、ベ ッド型マッサージ器をメインとする大型機器の生産を担っています。神戸市の医療産業都市に位置し、中央研究所、営業所、デイサービス施設も併設していることから、開発現場や臨床現場からの様々な情報をすばやく的確にフィードバックして、よりよいモノづくりに活かせる環境にあります。

静岡工場 (Shizuoka Factory)

静岡工場(Shizuoka Factory)

静岡工場は、敷地面積1,737平方メートル、延べ床面積734平方メートル。
ベッド型マッサージ器、チルトテーブル等、数種類の大型機種の生産を担っています。

被験者の感染防止のために使用するマウスフィルタ

ミナト医科学の呼吸計測機器で、被験者の感染防止のために使用するマウスフィルタ。
西紀工場で自動生産されるマウスフィルタは帯電フィルタにより細菌捕集効率(BFE)99.9%以上を実現しています。
国内カケンテストセンターにおけるバクテリアバリア性試験で、BFEが99.9%以上であるだけでなく、米国ネルソン研究所におけるより詳細な試験でも、BFEが99.9%以上であることが証明されています。※ASTM F2101-07(JIS L 1912付属書2.細菌ろ過効率)に基づき測定

被験者の感染防止のために使用するマウスフィルタ

BFE[%]

製造現場からのメッセージ

製造現場からのメッセージ

医療機器の信頼は、総合的な品質から生まれる。

医療機器の信頼は、総合的な品質から生まれる。私たちはそう考えています。
医療現場で使用される機器は、何よりも患者様に対する安全性を備えていなければなりません。それを確保した上で、機能の優秀さや操作性、快適性などが実現されるべきであり、機器の品質もそうした総合的な性能で評価されるものです。患者様や医療機関様からの信頼というものは、一つ一つの積み重ねから、醸成されてくるものです。安全、安心の医療機器生産を通じて、これからも人々の健康に貢献していきたいと考えています。

ページTOPへ