ミナトスポーツサポート

B.LEAGUE 大阪エヴェッサ 西村 剛トレーナー

プロバスケットのハードな現場を支える西村剛アスレチックトレーナー インタビュー

2017年2月9日取材・撮影

B.LEAGUE 大阪エヴェッサ 西村 剛トレーナー

Bリーグチームのトレーナーの仕事について教えてください

選手の「怪我の予防」が僕のメインの仕事ですね。
テーピングだったり、この選手はここがちょっと弱いなと思ったら、リハビリをしたり。体組成計も使って、悪い状態になっていないかを見ながら、コンディションの管理を行います。ストレングストレーナーとも情報共有をしながら、進めています。

選手のコンディショニングのご苦労はどんなところですか?

Bリーグになって試合数が増えました。多いときには週に3~4試合になります。そんなシーズンを通して、選手のコンディションを維持していくのは大変です。必ず怪我や痛みが出てきますから。昨年までのBJリーグよりもハードです。そんな中でもできるだけ良い状態で試合に出させてあげたいと思っています。

特に気をつけているところはどんなところですか?

スケジューリングの部分ですね。試合数が増えましたから、チームとしてどこで休みを入れるかとか、練習のボリュームとか。選手によってはやり過ぎる選手もいますから、うまくアプローチして調整します。

アスレティックトレーナーとしてのやりがいや達成感を感じる瞬間は?

やっぱりチームが試合に勝ったときですね。
それから、痛めている選手をケアして、良い状態になって試合に送り込めた時は、自分の中で充実感を感じますね。

ウォーターマッサージベッドでのコンディショニングはいかがですか?

選手は毎日使っています。マッサージ中に気持ちよすぎて寝てしまう選手もよくいます。(笑)
選手も助かっていますし、私も非常に助かっています。身体的にもメンタル的にもリフレッシュした状態で、また次の日を迎えられますね。

ページTOPへ