商品情報

オートランナー(リハビリ用)[AR-100]

オートランナー(リハビリ用)[AR-100]

運動プログラミングや
測定分析などを備えた
理想のランニング・システム

主な特長

リハビリのための歩行練習や、ランニングによる運動負荷測定は、フィットネスなども含めて、ごく自然に走行できることが大切です。違和感のないソフトなデザイン、万一の場合も考慮した安全性、そして安定した走行性と低騒音…。さらに運動プログラミングや測定分析など、より高度なフィールドへの広がり。

ミナトのオートランナーは、それらのすべてを高度な次元で完成させた、理想のランニング・システムです。

  • リハビリ練習用として開発されたトレッドミル。
  • 走行者の状況、練習プログラムに応じて、傾斜角度や走行スピードが高精度で変更可能。
  • 段差の小さな低床設計、落下防止のための自動停止機構など、安全性も万全です。
  • ベルト走行音や機械ノイズなども低減して、快適なリハビリ環境をつくります。

最速26km/hの負荷試験用AR-200もあります。

  • 安全ストップスイッチ

    安全ストップスイッチ

    手軽にストップできるよう手すりに設置。ワンタッチでゆるやかにストップします。

  • 落下防止スイッチ

    落下防止スイッチ

    歩行者が後方に下がった場合、瞬時に走行ベルトがストップします。

主な仕様

電源 AC200V 単相 50/60Hz
電源入力 1,500VA
走行ベルト面 520×1,500×150(mm)(ベルト面高)
ベルト速度 0,1km/h~12km/h(標準)
傾斜角度 0%~25%
オンライン AE-310S オンライン可
外部出力 RS-232C
外形寸法 幅760×長さ1,960×高さ1,250(mm)
質量 185kg

AC100V仕様(特注【AR1001】)の場合電源供給状況の確認が必要となります。別途ご相談ください。

関連商品

歩行運動器械器具

練習用階段(移動式)[B4190M]
リハビリ室のフロア面積を有効に利用できるよう、直線およびL型と自由に組立てられる省スペース設計。天井の高さも2.5m(普通は3m以上)あれば、十分に使用できます。

足関節起立矯正板[K2590M]
患者の体重を利用した自重による尖足と内外反足の矯正と起立練習等に使用する装置です。
角度調整器により本体を任意の角度(70゜~90゜)に設定し、患者の足に加わる体重を調節。

練習用腰掛(高さ400mm)[K3340M]
マットまたは肋木を利用して、立ち上がり運動に使用します。
高い台から低い台へ、4段階の高さで無理なく練習を進めていけます。

平行棒/平行支持台
ロータリー式に利用できるため、往復の歩行練習が行えます。
場所をとらず、便利な平行棒です。

移動式姿勢矯正鏡[K3160M]
姿勢矯正、歩行練習、起立練習等に使用する全身用の鏡です。
移動のためのキャスター付き。
商品導入事例 当社の商品を導入いただきました、各種事例をご紹介します。詳しくはこちら
  • この商品のお問い合わせはこちら
  • この商品のカタログ請求はこちら
ページTOPへ