商品情報

モバイルエアロモニタ[AE-100i]

据置型の精度を備えた、携帯型の呼吸代謝モニタシステムAE-100i

据置型の精度を備えた、
携帯型の呼吸代謝モニタシステムAE-100i

従来のAE-310sシステムは据置型であるため、実際にリハビリテーションやトレーニングが行われている現場では計測が不可能でした。

一方、現状の携帯型では精度に課題がありました。ミナト医科学は、大型肺機能検査装置などで培った高精度の呼吸代謝測定技術を集約し、さらに新開発の技術を導入して、携帯型でありながら据置型に匹敵する精度で計測できる呼吸代謝モニタシステムを実現しました。

主な特長

心臓/呼吸リハビリテーション

・正確な運動負荷量が処方できます

運動療法においては、一人ひとりの代謝量を正確に測定した上で負荷量を処方しなければなりません。また、処方された負荷量は正確に実行されなければなりません。

AE-100iでは、処方する運動量を正確に決定するとともに、被検者が携帯したまま代謝量を計測できます。そのため、処方された運動量が適正に実行されているかを確認でき、より正確で安定した運動療法を行うことが可能になります。

スポーツ

・酸素摂取量を現場で測定できます

トレーニング効果を高めるために、効果を高めるために、トレッドミルやエルゴメータで測定した最大酸素摂取量やATを元にトレーニングメニューを作成します。

AE-100iでは、トレーニングメニューの負荷強度決定を行えると共に、選手が携帯したまま代謝量を計測できるため、運動量がメニューどおり正確に実行されているかも確認できます。

栄養管理/糖尿病管理

・適正な投与エネルギーが決められます

多くの施設では予測式に基づくエネルギーが与えられています。しかし、適正な投与エネルギーを決定するには、呼気ガス分析による間接熱量測定法で実測値を計測しなければなりません。携帯型のAE-100iなら、ベッドサイドにおいて被検者に心理的な負担をかけることなく正確に測定でき、必要な投与エネルギーが決められます。

高精度+携帯性で、呼吸代謝測定のフィールドを広げます。

高精度+携帯性で、呼吸代謝測定のフィールドを広げます。

AE-100iは、被検者が専用のリュックを背負ったまま呼吸代謝を計測することができます。そして、据置型に匹敵する精度で計測したデータを無線で送信し、受信したデータを専用のソフトで解析して提示します。

これからはエルゴメータやトレッドミルなどの機器を使わないリハビリテーションやトレーニングの現場でも計測が可能になり、呼吸代謝の測定の応用範囲が広がります。

病院内のあらゆる場所で

これまでのように検査室に限定されることなく、廊下や階段など病院内のあらゆる場所で計測できます。

リハビリテーションの現場で

リハビリテーション室など実際に運動療法が行われている現場で、被検者が携帯しながら計測することで正確でリアルなデータが得られます。

スポーツのフィールドで

選手が実際にトレーニングや競技を行う現場で測定できます。さまざまな状況ごとに最大酸素摂取量を計測することで、トレーニング効果が高まります。

※防水、防滴構造ではありませんので雨天など水のかかる場所での使用はできません。

スポーツのフィールドで

商品導入事例 当社の商品を導入いただきました、各種事例をご紹介します。詳しくはこちら
  • この商品のお問い合わせはこちら
  • この商品のカタログ請求はこちら
ページTOPへ