トレッドミル オートランナー(リハビリ用)[AR-100]

オートランナー(リハビリ用)[AR-100]

運動プログラミングや測定分析などを備えた
理想のランニング・システム

主な特長

リハビリのための歩行練習や、ランニングによる運動負荷測定は、フィットネスなども含めて、ごく自然に走行できることが大切です。違和感のないソフトなデザイン、万一の場合も考慮した安全性、そして安定した走行性と低騒音…。さらに運動プログラミングや測定分析など、より高度なフィールドへの広がり。

ミナトのオートランナーは、それらのすべてを高度な次元で完成させた、理想のランニング・システムです。

  • リハビリ練習用として開発されたトレッドミル。
  • 走行者の状況、練習プログラムに応じて、傾斜角度や走行スピードが高精度で変更可能。
  • 段差の小さな低床設計、落下防止のための自動停止機構など、安全性も万全です。
  • ベルト走行音や機械ノイズなども低減して、快適なリハビリ環境をつくります。

※最速26km/hの負荷試験用AR-200もあります。

  • 安全ストップスイッチ
    安全ストップスイッチ

    手軽にストップできるよう手すりに設置。ワンタッチでゆるやかにストップします。

  • 落下防止スイッチ
    落下防止スイッチ

    歩行者が後方に下がった場合、瞬時に走行ベルトがストップします。

主な仕様

電源 AC200V 単相 50/60Hz
電源入力 1,500VA
走行ベルト面 520×1,500×150(mm)(ベルト面高)
ベルト速度 0,1km/h~12km/h(標準)
傾斜角度 0%~25%
オンライン AE-310S オンライン可
外部出力 RS-232C
外形寸法 幅760×長さ1,960×高さ1,250(mm)
質量 185kg

※AC100V仕様(特注【AR1001】)の場合電源供給状況の確認が必要となります。別途ご相談ください。

関連製品

AR-200

【AE310SRDB】AE-310Sシステムとトレッドミルとのオンライン・システム例

AR-200

AR200は、最速スピード値26km/hまで設定可能な負荷試験用トレッドミルです。手すりの間隔を広めにとった安心感や高速走行での安定性、さらに設定可能な5種類の走行プログラムなどが多彩で高度な負荷試験を実現しました。さらに、専用コネクタの接続で外部プログラムコントロールも可能です。

AR-200
定格電源電圧及び周波数 AC200V単相 50/60Hz
電源入力 2,000VA
走行ベルト面 520×1,500×150(mm)(ベルト面高)
ベルト速度 0.1~26km/h
傾斜角度 0~25%
オンライン AE-310Sシステムと接続可
外部出力 RS-232C
外形寸法 幅800×長さ1,960×高さ1,250(mm)
質量 180kg

※AC100V仕様(特注【AR1001】)はコンセントの形状が異なります。別途ご相談ください。

  • 安全ストップスイッチ
    安全ストップスイッチ

    誰でも手軽にストップできるよう、安全ストップスイッチを手すりに取り付けました。ワンタッチでゆるやかにストップします。

  • 落下防止スイッチ
    落下防止スイッチ

    停止スイッチに安全ロープを取り付けました。その一方を体に固定することで、歩行者が後方にさがった場合、瞬時に走行ベルトがストップします。

  • 光電ビームセンサー
    光電ビームセンサーoption

    走行ベルト後方部サイドに落下防止の光センサーをオプションで設置できます(AR-100)。指定位置より後方にさがると、自動的に走行ベルトを停止させます(低速時)。

緊急ストップスイッチ

走行者の状態が危険になったとき、観察者が走行を停止できるよう、手元に緊急用のストップスイッチを設けました。

スピード上限ロック

ベルト走行スピードは、走行者がむやみな運動を行わないよう、あらかじめ上限スピードを任意に固定することができます。

高速安定

ねじれに強いフレーム構造ですから、高速安定性に優れています。本体の歪みから起こるスピードの不安定感を防ぎ、快適な走行環境をつくります。

低騒音

走行ベルトおよび走行ベルトローラーに特殊材質を使用。低走行時でも異音を生じることはありません。