商品開発ストーリー

「エイリアン」から「ゆりかご」へ。やさしさの追求ストーリー。より正しく心地よい頸椎牽引治療を医療現場に届けるために

プロローグ エイリアンとの遭遇

「おーい、櫻井君!ちょっと来てくれないか。」
機械設計担当の櫻井は開発室で担当機種のテスト中に上司の有本から呼ばれた。

テスト作業を中断し、打ち合わせテーブルに座った櫻井に、有本はこう言った。
「櫻井君、きみにあのエイリアンの続きをやって欲しいんだ。」
「えっ!あれをですか...」
「そう、あれだよ。」
すぐに櫻井の脳裏には、開発室の片隅に鎮座している白い試作機が浮かんだ。開発担当の中では、そのちょっとユニークな形状から、「エイリアン」と呼ばれていたものだった。

頸椎の牽引療法においては、頸椎が第一から第七までの7個の骨で構成されているため、治療部位ごとに適した牽引角度があると言われている。
まっすぐ上部に引くのではなく、上位頸椎の治療には0度から15度の牽引角度、中位頸椎には15度から30度、下位頸椎には30度から40度の角度で牽引を行うとされている。

従来の治療器では、まず患者さんそれぞれの治療部位によって、上部のアームを適切な牽引角度になるように伸縮させてから治療を開始する必要があるが、この治療準備が実際の医療現場では非常に手間であり、適切な角度の設定も難しい。

「エイリアン」は、その角度調整を自動で行うことにより、医療現場でやさしく、そしてより正しい角度の牽引治療を行うことを目指した試作機だった。
「うーん...解りました。この機種がもうちょっとしたら落ち着くので、来月から並行してかかりたいと思います。」
「いや、櫻井君。これを来年5月の展示会で発表したい。そのスケジュールで完成させてくれ。」
「えっ!ちょっと待ってください!そんな期間じゃとても無理です!」
「そうだよな。それはよく解る。でも櫻井君、このコンセプトの牽引治療器が完成すれば、医療現場にこれまでよりもずっと効果的な牽引療法を届けることができる。それを櫻井君の手で実現して早く世に出して欲しいんだ。」
翌日から櫻井の闘いが始まった。

治療感が...

開発チームは、リーダーであり機械担当の櫻井と、電気・ソフトウェア担当である坪井の2名でスタートした。

まず櫻井は、試作機「エイリアン」の図面を確認し、実機もじっくりと体験しながら、機構を確認。そして構想を膨らませた。

「なるほど、こう動くのか。でもこれだと...ちょっと坪井くん、俺の身体をそこのベルトでシートに縛りつけてみて。」
「えっ。縛り付けるんですか?...」
「そう、これ下位頸椎の牽引だと、かなり頑張って自分で耐えないと、どうしても上体が前に引っ張られてしまって、結局正しい牽引角度が出なくなるんだ。だから固定してみる。」
「ふう。これでいいですか?はい、じゃあスタートしますね。」
シートに縛り付けられた櫻井の頸椎がワイヤで前上方に引っ張られ始めた。
「うーっ、これはなんというか、つらい治療だなあ。」
「そりゃそうですよ、縛り付けられて、引っ張られて。」
「でも求めるのは正しい治療角度かつ、もっともっとやさしい治療感だよな...」
「ですよねえ...」

「牽引角度がついたときには上体が前に持っていかれて正しい牽引角度が保てないから、やっぱり上体を固定する必要がある。でも腰椎牽引のようなベルト固定を上体でしたら、圧迫感で快適性が損なわれるし、治療セッティングにも手間と時間が増える。どうやって上体を安定させるか...」
櫻井は他機種の開発を並行で進めながら、いつも新しい機構のことを考えていた。それは退社後の自宅でも同様だった。

そんなある日、試作室でぼんやりと耐久試験をしている腰椎牽引器を見ていて閃いた。
「ん?そうだ!機構はかなり複雑になるけど上部梁の自動調整だけでなく、シートも連動してリクライニングする機構にすれば、自分の体重で上体は持っていかれにくいし体圧も分散される...」
「これいけるかも!」

櫻井はその構想を一つずつ設計に盛り込みながらCAD図面を仕上げた。
「できた!よし。おーい!坪井くんちょっと会議室来て。」
「ほらっ、試作の設計こんな感じなんだけど。」
「あ、これシートも倒れるんですね。ふーん面白いですねえ。ここの可動範囲はどれくらいにします?アクチュエータの制御は...」
二人の打ち合わせは深夜まで続いた。

「よし、この形でいこう。明日から組んでみるから。」
電気担当の坪井と、制御に関する打ち合わせを進めながら、櫻井は部材を集めて組み上げていった。

それから数ヶ月経ち、二人は初めての機構に悪戦苦闘しながらも、なんとか試作初号機が完成した。

それは、上から牽引する角度調整と、シートのリクライニングを行い、最適な牽引治療角度が達成されたものだった。数日後の新商品開発委員会で、メンバーにさっそく試乗してもらった。
「うーん。角度はいいんだろうけど、なんか良くない。」
「これどうなんだろ。自分ではどう思う?」
「腰椎牽引のSTみたいにチルティングのほうが安定感あるよね。」
確かに、リクライニングの感覚があまり良くないという意識はあった。快適な治療姿勢ではないのだ。
「・・・そうですね。言っている意味は判ります...」
その日、櫻井はこれまでの機構を白紙に戻した。
「どうすればもっと快適な治療姿勢、やさしい治療になるのか...」
また構想の日々が始まった。しかし期限は刻々と迫っていた。

開発ストーリー後半を読む

ページTOPへ