商品情報

エアロモニタ[AE-310S]

エアロモニタ[AE-310S]

熱線流量計を使用した
ブレス・バイ・ブレス式呼吸代謝測定法を
世界に先駆けて開発したミナト医科学が提供する
最新型呼吸代謝モニタシステム・・・ AE-310S

主な特長

心臓/呼吸リハビリテーション

心臓/呼吸リハビリテーション

・運動負荷量の決定のために

運動負荷量は、薬と同じで適正な量を処方する必要があります。多すぎては危険、少なければ十分な効果が得られません。

AE-310Sでは、心肺運動負荷試験(CPX )を行うことにより各個人に合った運動負荷量を求めることができます。

栄養管理

・投与エネルギーの決定のために

予測式はあくまで平均値。各個人に適正な代謝量を求める必要があります。
AE-310Sでは、呼気ガス分析による間接熱量測定法により実測で求めることが出来ます。

測定項目の一部 (AE310SRC、AE310SRD)

  • REE 安静時代謝量
    G ぶどう糖酸化量
    F 脂肪酸化量
    BMR 基礎代謝率
  • EE 代謝量
    C 炭水化物酸化量
    P 蛋白質酸化量

スポーツ領域

・最大酸素摂取量の計測のために

AE-310Sでは、運動生理学分野での最大負荷までの代謝測定が可能です。

・最大酸素摂取量の計測のために

より正確にさらに進化したシステムが測定を極める。

安定性 換気量とガスメータの安定性は、代謝測定のカナメ。

・フローセンサ、ガスメータ校正後のデータチェック機能搭載

フローセンサ、ガスメータの校正を行った後、ボリューム精度を確認することが出来ます。

(※専用AT解析ソフト(セットに付属)では日本呼吸器学会が推奨する、ボリューム精度確認方法に準拠した精度管理機能を利用することができます。)

校正毎に出荷時の状態と比較し異常があれば表示します。ガスメータが電源投入後未校正の場合にも、警告し校正忘れを防ぎます。

・呼気ガスサンプリング回路チェック機能搭載

ポンプの劣化やサンプリングチューブの塵埃による詰まりを検出してフィルタなどの交換時期も自動的にお知らせしますので常に最良の状態でお使いいただけます。

精度 換気量とガスメータの精度は、代謝測定のカナメ。

・新型高精度フローセンサ採用

AE-310S では、当社System-21など大型肺機能検査装置で使用している高精度センサーの技術を投入することにより、安定した換気量データが得られるようになりました。

・新型高精度フローセンサ採用

・最新のガスメータ応用技術

AE-310S では、最新のガスメータ応用技術により質量分析器に匹敵する、レスポンスタイムと微小サンプル流量を実現しました。AE-310S のガスメータ回路には、新開発のアクティブ除湿器及び、高精度流量安定化装置が組み込まれています。これらの装置を用いずに、数値補償で代用する簡便法では、完全な補償は不可能であるため、精度が犠牲になってしまいます。このためAE-310S ではこれらの装置を、省略することなく搭載し高い精度を実現しています。

より簡単にWindows(R)対応のソフトが解析・管理を極める。

より簡単にWindows(R)対応のソフトが解析・管理を極める。

マルチウィンドウでより使いやすく、より見やすく表示。
従来の高機能はそのままに、より使いやすくなりました。新機能 スマートガイド、スマートグラフ搭載

・スマートガイド

AT解析において、慣れない操作者でもミスなく簡単に解析を行えるように操作手順をガイドします。またこの機能は習熟した操作者が手順をプログラムする機能も併せ持ちますので、習熟度による解析結果の差をなくします。

・スマートグラフ

スマートグラフでは、簡単な操作でグラフの種類、レンジ等の切り替えや、注目したいパラメータのみを随時強調表示(測定中にも可能です)することにより、解析・診断を補助し操作者の負担を大きく軽減します。

負荷制御機能 自転車エルゴメータまたはトレッドミルを接続して、負荷装置として制御することができます。漸増運動負荷、一定運動負荷をはじめとする代表的な負荷プロトコルに加えて、任意のパターンで負荷プロトコルを多数設定することができますので、あらゆる用途への対応が可能です。
データベース機能 ID情報の管理にデータベース機能を用いることにより、測定データの管理が容易になりました。過去の測定履歴からトレンドグラフ、数値一覧を作成できます。
解析機能 心肺運動負荷テストにおける様々なパラメータの解析が可能です。特にanaerobic threshold (AT )point 解析、respiratory compensation(RC )point 解析、kinetics 解析には専用のツールを用意しましたので、簡単な操作で解析作業をすることができます。
レポート 標準的な心肺運動負荷レポートに、様々なパラーメータや比較用の基準値を任意に選んで組み合わせることにより、目的に応じたレポートを簡単に作成できます。そのほか、回帰解析や時系列データなど、解析機能に応じたレポートも利用可能です。

・スマートグラフ

・ブレス・バイ・ブレス法と呼気ガス採集法の選択が可能

蛇管を使用せず1呼吸ごとのデータを測定できるブレス・バイ・ブレス法と、ダグラスバッグ法からの置換や検定にも便利な呼気ガス採集法のどちらの方法でも測定が可能です。

・ブレス・バイ・ブレス法

・ブレス・バイ・ブレス法

AE-310S による標準的な使用法で呼吸毎に得られるガス濃度変化をガスメータの特性による応答時間の遅れや、波形の歪みをマイクロコンピュータによって補正し、高精度フローセンサの信号に基づいてVO2VCO2 を計算します。この方法によると、吸入気ガスがランダムに変化しても測定が可能であるという特長があります。

・呼気ガス採集法

・呼気ガス採集法

一方向弁つきのマスクにより、呼気だけを蛇管内に導いて、一定時間内(任意設定可能)のVO2VCO2 を計算します。この方法はブレスバイブレス法の特長は生かせませんが、ダグラスバック法とは極めて良い相関を示すため、従来ダグラスバック法を使用されている場合は、そのままの方法で置換できます。

※呼気ガス採集法用のマスク・蛇管はオプションです。

より小型、軽量コンパクトになりました。

より小型、軽量コンパクトになりました。

AE-300S に比較して容積、質量共に30%小型化の設計です。また、パソコンを必要とせず、単体での使用も可能です。

オプション

  1. 1.トレッドミル【オートランナー AR100/ AR200】
  2. 2.運動負荷用自動血圧計【EBP-330】
  3. 3.エルゴメータ

オプション

主な仕様

電撃に対する保護の形式による分類 クラスⅠ機器
電撃に対する保護の程度による装着部の分類 B形装着部
定格電源電圧及び周波数 AC100V 50/60Hz
電源入力 140VA
外形寸法 幅335×奥行460×高さ140(mm)
質量 12kg
流量計 測定範囲 Flow:0~±14.0 L/s Volume:0~±9.999 L
測定精度 指示値±3%
ガス分析計 測定ガス O2、CO2同時測定
試料流量 150mL/min 標準
O2濃度計 測定方式 ダンベル型酸素濃度計
測定範囲 10〜22VOL% / 0〜100VOL% 切り換え式
CO2濃度計 測定方式 赤外線吸収式炭酸ガス濃度計
測定範囲 0~10VOL%
使用環境 温度:10~35゚C /湿度:30~75%RH/気圧:700~1060hPa
認証番号 219AGBZX00095000
クラス分類 管理医療機器/特定保守管理医療機器
JMDNコード 36146000
(肺運動負荷モニタリングシステム)

その他の仕様

表示器 5.7型モノクローム液晶
アナログ出力 0~±10V
アナログ出力用接続ケーブルは、オプションです。
心拍入力 1V以上(ANALOGの場合)またはTTL(切換可)
TTLの場合パルス幅 約20msec以上
シリアル入出力 RS232C準拠(1ch)USB2.0準拠(1ch)
環境センサユニット
測定範囲
温度 2~45℃
湿度 5~95%RH
気圧 150~1150h

測定項目

TV E 1回呼気換気量
TV I 1回吸気換気量
VE 分時呼気換気量
VI 分時吸気換気量
RR 呼吸数
VO2 分時酸素摂取量
VCO2 分時炭酸ガス排泄量
R ガス交換比
FEO2 呼気平均酸素濃度
FIO2 吸気平均酸素濃度
ETO2 呼気終末酸素濃度
FECO2 呼気平均炭酸ガス濃度
FICO2 吸気平均炭酸ガス濃度
ETCO2 呼気終末炭酸ガス濃度
HR 心拍数
VD/VT 死腔換気率
METS 代謝当量
VO2/W 酸素摂取量/体重
VO2/HR 酸素摂取量/心拍数
VO2/VE 酸素摂取率
VCO2/VE 炭酸ガス排泄率
VE/VO2 酸素換気当量
VE/VCO2 炭酸ガス換気当量
Ti 吸気時間
Te 呼気時間
Ttot 1呼吸時間
TVI/Ti 吸気平均流量
TVE/Te 呼気平均流量
Ti/Ttot 吸気時間率
  • この商品のお問い合わせはこちら
  • この商品のカタログ請求はこちら
商品導入事例 当社の商品を導入いただきました、各種事例をご紹介します。詳しくはこちら
ページTOPへ