肺運動負荷モニタリングシステム モバイルエアロモニタ[AE-100i]

肺運動負荷モニタリングシステム モバイルエアロモニタ[AE-100i]

  • 主な特長
  • 機能紹介
  • 製品仕様

※写真のリュックサックとマスクはオプションです

据置型の精度を備えた、
携帯型の呼吸代謝モニタシステムAE-100i

従来のAE-310sシステムは据置型であるため、実際にリハビリテーションやトレーニングが行われている現場では計測が不可能でした。

一方、現状の携帯型では精度に課題がありました。ミナト医科学は、大型肺機能検査装置などで培った高精度の呼吸代謝測定技術を集約し、さらに新開発の技術を導入して、携帯型でありながら据置型に匹敵する精度で計測できる呼吸代謝モニタシステムを実現しました。

主な特長

心臓/呼吸リハビリテーション

正確な運動強度が処方できます

運動療法においては、一人ひとりの代謝量を正確に測定した上で運動強度を処方しなければなりません。また、処方された運動強度は正確に実行されなければなりません。

AE-100iでは、処方する運動強度を正確に決定するとともに、被検者が携帯したまま代謝量を計測できます。そのため、処方された運動強度が適正に実行されているかを確認でき、より正確で安定した運動療法を行うことが可能になります。

スポーツ

酸素摂取量を現場で測定できます

トレーニング効果を高めるために、効果を高めるために、トレッドミルやエルゴメータで測定した最大酸素摂取量やATを元にトレーニングメニューを作成します。

AE-100iでは、トレーニングメニューの運動強度決定を行えると共に、選手が携帯したまま代謝量を計測できるため、運動強度がメニューどおり正確に実行されているかも確認できます。

栄養管理/糖尿病管理

適正な投与エネルギーが決められます

多くの施設では予測式に基づくエネルギーが与えられています。しかし、適正な投与エネルギーを決定するには、呼気ガス分析による間接熱量測定法で実測値を計測しなければなりません。携帯型のAE-100iなら、ベッドサイドにおいて被検者に心理的な負担をかけることなく正確に測定でき、必要な投与エネルギーが決められます。

高精度+携帯性で、呼吸代謝測定のフィールドを広げます。

AE-100iは、被検者が専用のリュックを背負ったまま呼吸代謝を計測することができます。そして、据置型に匹敵する精度で計測したデータを無線で送信し、受信したデータを専用のソフトで解析して提示します。

これからはエルゴメータやトレッドミルなどの機器を使わないリハビリテーションやトレーニングの現場でも計測が可能になり、呼吸代謝の測定の応用範囲が広がります。

病院内のあらゆる場所で

これまでのように検査室に限定されることなく、廊下や階段など病院内のあらゆる場所で計測できます。

リハビリテーションの現場で

リハビリテーション室など実際に運動療法が行われている現場で、被検者が携帯しながら計測することで正確でリアルなデータが得られます。

スポーツのフィールドで

選手が実際にトレーニングや競技を行う現場で測定できます。さまざまな状況ごとに最大酸素摂取量を計測することで、トレーニング効果が高まります。

※防水、防滴構造ではありませんので雨天など水のかかる場所での使用はできません。

  • 無線送信が可能

    医療用特定小電力テレメータ:分類A型
    サービスエリア:屋外見通し100m(条件に依存)
    周波数:429.2500MHz~429.7375MHz

  • エルゴメータ使用による測定例

  • ウェルトニックWT-L01使用による測定例

    ※AE-100iとラック【RAC100I】、パソコンのシステム例【AE100IRC】

新開発の技術を導入し、正確で安定した測定を実現

新型高精度フローセンサを採用

安静から最大運動まで換気量は10倍以上変化します。これを高い精度で計測するには、優れたダイナミックレンジと指示値に対する十分な精度が必要です。AE-100iでは、当社が大型肺機能検査装置で使用している高精度センサの技術を投入することで、安定した換気量データを得ています。

  • 指示値誤差
    指示値誤差のグラフ
  • フルスケール誤差
    フルスケール誤差のグラフ

スパイロメータ等で要求されるATS(American Thoracic Society)規格に準拠しています。
AE-100i 0~14L/secまで指示値の±3%を保証

フローメータに省電力熱線駆動を採用

高精度でありながら消費電力が大きいため、電池駆動として採用が難しかった熱線式流量計。ミナト医科学は、新開発の省電力制御方式によって採用を可能にしました。

ガスメータはジルコニア式

従来の携帯型代謝計測器に使われていた電気化学式のガスメータは、小型で消費電力が少ないものの、製造直後から劣化が始まり、未使用でも数年程度で交換する必要がありました。AE-100iでは、電気化学式に比べて経年変化の少ないジルコニア式を採用しています。

新しいサンプリング方式を採用

ブレス・バイ・ブレス法では、フロー信号とガス濃度信号を掛け合わせて積分するため、サンプリングチューブを介してガスメータへ輸送されるガスの移動時間が変動すると大きな誤差を生じます。これを防ぐため、AE-100iではガスの輸送速度を一定に保つ定ガス輸送時間方式を新たに開発して採用しています。

校正時間を約半分に短縮

AE-100iはガス校正方式にパルス式ガス校正法を採用。ガスの輸送遅れ時間を計測するために短い時間に微量のガスを連続的に放出する方法により、少ないガス量と短い時間で正確な校正を可能にします。

水蒸気を徹底して除去

ガス濃度は水蒸気の影響を受けない状態で測定する必要があるため、チューブの一部に水蒸気透過膜を使用して呼気中の水蒸気を除去します。しかし、これだけでは完全ではありません。AE-100iでは、水蒸気透過膜に加えて、内部機器の廃熱を利用して除湿する新アクティブ除湿方式を採用しました。

呼気ガスサンプリング回路をチェック

塵埃によるサンプリングチューブの詰まりやポンプの劣化を検出し、フィルタなどの交換時期を自動的にお知らせ。常に最良の状態で計測できます。

タッチパネル付き3.5インチ液晶パネル

ベッドサイドで呼吸を測定するなど、単体で測定データを確認することができます。

蛇管を使用せず1呼吸ごとのデータを測定できるブレス・バイ・ブレス法

呼吸毎に得られるガス濃度変化をガスメータの特性による応答時間の遅れや、波形の歪みをマイクロコンピュータによって補正し、高精度フローセンサの信号に基づいてO2CO2を計算します。この方法によると、吸入気ガス濃度がランダムに変化しても測定が可能であるという特長があります。

専用の解析ソフトも機能充実、使いやすさをさらにレベルアップ

校正後のデータをチェック

フローセンサとガスメータの校正を行った後、付属のシリンジでボリューム精度を確認できます。さらに、専用AT解析ソフトにより、日本呼吸器学会が推奨するボリューム精度確認方法に準拠した精度管理機能を利用することができます。また、校正ごとに出荷時の状態と比較し、異常があれば表示。ガスメータが電源投入後未校正の場合も画面に表示して警告し、校正忘れを防ぎます。

負担の少ないスマートグラフ

簡単な操作でグラフの種類やレンジを切り替えたり、注目したいパラメータのみを随時強調表示(測定中でも可能)することによって解析・診断をサポートし、操作する人の負担を軽減します。

簡単に解析できるスマートガイド

不慣れな人でもミスなく簡単に解析できるよう操作手順を分かりやすくガイド。習熟度による解析結果の格差をなくします。

負荷制御機能

自転車エルゴメータやトレッドミルを接続し負荷を制御することも可能。漸増運動負荷、一定運動負荷に加えて、任意のパターンで負荷プロトコルを設定できます。

データベース機能

ID情報の管理にデータベース機能を用いているため、測定データが容易に管理できます。過去の履歴からトレンドグラフや数値一覧も作成できます。

解析機能

心肺運動負荷テストにおけるさまざまなパラメータの解析が可能です。特に、anaerobic threshold(AT)point解析、respiratorycompensation(RC)point解析、kinetics解析には専用のツールを用意しました。

レポート

標準的な心肺運動負荷レポートに、任意で選んだ各種パラメータや比較用の基準値を組み合わせることにより、目的に応じたレポートが簡単に作成できます。回帰解析や時系列データなど、解析機能に応じたレポートも利用できます。

  • 運動指導報告書例

  • 心肺運動負荷試験(CPX)報告書例

  • 栄養評価報告書例

    EE、C、F、Pなど各種栄養関連データを算出します

主な仕様

電撃に対する保護
の形式による分類
ベース部 クラスⅠ機器
本体
(単独動作時)
内部電源機器
本体部
(ベース部接続時)
クラスⅠ機器
電撃に対する保護の
程度による装着部の分類
B形装着部
ベース部 電源 AC100V 50/60Hz
電源入力 60VA
電源出力 DC 12V・20.5V 55VA
本体部 ベース部接続時 DC 12V・20.5V 55VA
連続動作可能
内部電源動作時 DC 14.4V 28VA
本体部単独動作時 最大2時間使用可能
外部電源 DC 14.4V 28VA
本体部単独動作時に追加バッテリーを接続
最大4時間使用可能
外形寸法 ベース部 幅127×奥行238×高さ132 (mm)
本体部 幅185×奥行260(*308)×高さ86 (mm)
(*アンテナ含む)
質量 ベース部 3kg
本体部 2kg
流量計 測定範囲 Flow:0~±14.0 L/s
Volume:0~±9.999 L
測定精度 指示値±3%
ガス分析計 測定ガス O2、CO2同時測定
試料流量 130mL/min標準
O2濃度計 測定方式 ジルコニア式酸素濃度計
測定範囲 0~22%
CO2濃度計 測定方式 超音波式炭酸ガス濃度計
測定範囲 0~10%
使用環境 温度:10~35゚C/湿度:30~75%RH
気圧:700~1060hPa
一般的名称 肺運動負荷モニタリングシステム
JMDN 36146000

その他の仕様

表示器 3.5型モノクローム液晶
アナログ出力(4ch) 0~±10V
アナログ出力用接続ケーブルは、オプションです。
心拍入力 TTL
パルス幅 約20msec以上
シリアル入出力 RS232C準拠(1ch)
USB2.0準拠(1ch:メンテナンス用)
環境センサユニット
測定範囲
温度 2~45℃
湿度 5~95%RH
気圧 150~1150hPa

測定項目

TV E 1回呼気換気量
TV I 1回吸気換気量
E 分時呼気換気量
I 分時吸気換気量
RR 呼吸数
O2 分時酸素摂取量
CO2 分時炭酸ガス排泄量
R ガス交換比
FEO2 呼気平均酸素濃度
FIO2 吸気平均酸素濃度
ETO2 呼気終末酸素濃度
FECO2 呼気平均炭酸ガス濃度
FICO2 吸気平均炭酸ガス濃度
ETCO2 呼気終末炭酸ガス濃度
HR 心拍数(外部心電計より入力)※
VD/VT 死腔換気率
METS 代謝当量
O2/W 酸素摂取量/体重
O2/HR 酸素摂取量/心拍数
O2/E 酸素摂取率
CO2/E 炭酸ガス排泄率
E/EO2 酸素換気当量
E/ECO2 炭酸ガス換気当量
Ti 吸気時間
Te 呼気時間
Ttot 1呼吸時間
TVI/Ti 吸気平均流量
TVE/Te 呼気平均流量
Ti/Ttot 吸気時間率
  • ※EE、C、F、Gなど各種栄養関連データは、解析ソフトにより出力可能です。
  • ※HR信号入力用外部接続心電計については当社営業員にご確認ください。(オプションで心拍計が接続可能です)

図面

図面

(単位:mm)

オプション

専用ラック [ RAC100I ]
外形寸法 幅660×奥行700×高さ950(mm) センサ置き含まず
質量 31kg