カイネタイザー[KT-108+]

カイネタイザー[KT-108+]

複数部位・多人数の同時治療にも柔軟に対応可能な8 チャンネルモデル

先進機能を充実したカイネタイザー K T – 1 0 8 +は、同時に複数部位の治療、または同時に多人数の治療に対応する8 チャンネル仕様のモデルです。現場の回転率を高めたい施設さまをサポートします。

KT-108+の主な特長

  1. 視認性が高い15inch液晶

    15inch液晶ディスプレイを搭載。視認性の高いグラフィックは、複数の患者さまに応対する際に離れた場所からでも治療状況を容易に確認できます。

  2. 左右2分割のトレイ一体型操作パネル

    操作パネルと導子トレイを一体形状とし、4チャンネルずつ左右に2分割しました。
    複数の患者さまを同時に治療する際の識別を容易にします。

  3. 独立したチャンネル設定

    各チャンネルごとに治療モードの設定が可能。ポンプのON/OFFも1チャンネルごとに行えます。

機能モード

低周波による多彩な治療モードを1台に搭載

低周波治療器「ポラリスカイネ」で培ったミナト医科学の独自の低周波治療モード(スーパータイダル)に加え、パルス、干渉低周波治療、微弱電流治療、高電圧治療※、バースト(NMES)など多彩な治療モードに対応。患者さまの症状や治療部位に応じた各種低周波治療を1台で実現します。

※高電圧治療はKT-108+Hに搭載

低周波治療

中周波領域を用いて独自に開発した「スーパータイダル」は、皮膚バリアを突破する際の痛みと不快感を抑えて多様な筋に収縮を引き起こし、治療後の残存感も長く持続します※。
加えて、うねりのような心地よい刺激の中にたたくような強い刺激感のある「パルスタイダル」などの選択が可能です。さらに「ダブルタイダル」「クアッドタイダル」も治療部位に合わせて選択できます。

※当社調べ(他モードとの比較)

パルス

低周波治療の他の治療モードは正弦波を用いるのに対し、パルスモードは双方向対称波と名づけられた波形を使用します。刺激感が強いこのような波形は、いわゆる“ツボ”や“トリガーポイント”の刺激によく用いられます。パルスモード専用のパルス吸引導子は、ピンポイントの刺激に用いやすいよう設計しました。

干渉低周波治療

周波数の異なる搬送波を身体に流すと、干渉しあう領域に干渉低周波が発生します。これを利用した干渉低周波治療は、他のモードと比べて刺激による不快感が少なく、また、治療に広がり感をもたせた出力設定も搭載しています※。

※当社調べ(他モードとの比較)

微弱電流治療

治療部位に100μA以下の微弱な電流を与えるモードです。一般的に、マイクロカレントとも呼ばれるこのような治療法は、疼痛緩和や炎症の回復を促すことによく用いられます。

微弱電流プローブ

※KT-108+Hに標準付属


 

バースト(NMES)

ロシアンテクニックに基づき2,500Hzの正弦波を低い周波数でバースト(変調)した波形で刺激し、筋肉を他動収縮させることが可能です。拮抗筋を交互に刺激するダブルバーストモードも搭載しました。

高電圧治療

最大500Vpのツインピークパルスを出力するモードです。このような波形は、深部をピンポイントで刺激する際によく用いられます。専用プローブは治療部位に当てやすく、また快適な操作性で治療者の負担を軽減するデザインを追求しました。

※KT-108+Hに搭載

高電圧プローブ

※KT-108+Hに標準付属


 
 
  KT-108+H KT-108+
低周波治療
干渉低周波治療
バースト(NMES)
微弱電流治療
高電圧治療
微弱プローブ 標準付属 オプション
高電圧プローブ 標準付属

導子

各種治療モードに適した導子をラインナップ

スリムフィットⅡ導子RO

装着しやすく、さまざまな治療モードに柔軟に対応する汎用性の高い丸型吸引導子です。

スリムフィットⅡ導子SQoption

装着しやすく、さまざまな治療モードに柔軟に対応する汎用性の高い角型吸引導子です。コットンパフを装着し、使用します。

パルス吸引導子

患部をピンポイントで刺激するのに適した、パルス専用の導子です。パルス吸着導子装着時にパルス以外の治療モードを選択すると、液晶に「パルス吸引導子は使用しないでください」という表示がでます。
注意:パルス吸引導子を他の治療モードで使用しないでください。

高電圧プローブ

プローブに各種スイッチを搭載。手元の操作でON/OFFポーズ、電圧調節が可能です。

微弱プローブ

微弱電流治療用プローブは2つのユニットに分割可能。治療部位の間隔を自在に操作できます。

  導子 プローブ
スリムフィットⅡ導子RO スリムフィットⅡ導子SQ パルス吸引導子 高電圧プローブ 微弱プローブ
KT-108+H A

8セット

オプション

オプション

1セット

1セット

B

オプション

オプション

8セット

1セット

1セット

C

4セット

オプション

4セット

1セット

1セット

KT-108+ A

8セット

オプション

オプション

オプション

B

オプション

オプション

8セット

オプション

C

4セット

オプション

4セット

オプション

衛生

肌に触れる導子だから衛生に配慮した機能を充実

詰まりにくいE-FLOW吸引導子コード

従来の導子コードはチューブ内の配線に付着したバクテリアがゲル状物質(バイオフィルム)を産生し、コードを詰まらせる原因となっていました。
KINETIZERの導子コードは配線の構造を見直すことにより、異物の付着を抑えることができました。これによりチューブの詰まりを低減します。

接触面の衛生に配慮

身体に装着する導子は、接触面の清潔さが気になりがちです。患者さまごとにコットンパフを交換することで、接触面を常に衛生的に保つことが可能。やさしい触感により快適な治療が行えます。

お掃除機能を搭載

導子やコードの吸引回路内のゴミを掃除する2つの機能を搭載しています。
ひとつは電源投入時に自動で清掃を行う機能。もうひとつはチャンネルごとに任意のタイミングで清掃を行う機能「お掃除モード」です。吸引レベル横のお掃除アイコンが表示されたら「お掃除モード」による清掃をお勧めします。

 

※パネル写真はKT-104+です

 

安全性

導子脱落検出機能・最大出力電流抑制機能

導子脱落検出機能は導子の装着状況を監視し、脱落や不完全な装着を検出した場合には出力を制御。警告音とALARM表示の点灯でお知らせします。また、最大出力電流抑制機能により導子の大きさに合わせて最大
出力電流値を変更することができ、安全な電流密度(2mA/cm²以下※)での治療が可能です。

※JIS T 0601-2-10:2015において、電流密度が2mA/cm2を超える場合は注意が必要とされています。

高出力ポンプを搭載

従来よりも大流量の高出力ポンプを採用。導子の脱落を低減します。また、オートパワーオフ機能により必要以上にポンプが作動しないため、省エネに役立ちます。

出力ボリュームロック機能

治療開始から一定時間が経過すると、出力をそれ以上高くできないよう制御し、誤操作による意図しない出力変化を防ぎます。

音声ガイダンス

チャンネル別に治療の終了をお知らせする音声ガイダンス機能を装備。「チャンネル〇〇が終了しました」とアナウンスでお知らせするほか、終了サウンドへの変更も可能です。音量調節もできます。

操作性

オペレーターの負担を軽減する各種機能を搭載

2つの操作モード

「カスタムモード」と「セレクトモード」の2つの操作モードを搭載。カスタムモードはチャンネルごとに治療モードと治療時間を設定し、患者さまの容体に添った治療が行えます。一方、セレクトモードは、治療部位の指定と「急性/慢性」の選択をするだけで、プリセットされたプログラムによる治療が行えます。どちらのモードも容易に設定できます。

カスタムモード

カスタムモード Custom mode
左はセッティング時の画面表示、右は治療中の画面表示。

※パネル写真はKT-104+です

セレクトモード

セレクトモード Select mode
左はセッティング時の画面表示、右はCH3とCH4を同時に使用して【腰】【慢性】治療中の画面表示。

※パネル写真はKT-104+です

基本操作部を前面に集約し、使いやすさを向上

操作する人の視点でディスプレー、導子トレー、操作パネルの理想的な配置を追求したデザインです。

前面イメージ

タッチパネルを採用

タッチパネルのディスプレーが操作性を向上します。視認性が高く判りやすいインターフェイスデザインに配慮しました。

タッチパネル

プローブホルダー

微弱プローブと高電圧プローブの各々に、専用プローブホルダーを用意しました。プローブホルダーは操作パネルの下に装着でき、操作性を向上します。

保温機能付きボトルホルダーoption

専用の吸水ボトルと保温機能付きのボトルホルダーを用意しました。いつでも温かい水を導子に給水することが可能です。

パルス吸引導子ホルダー

パルス吸引導子の収納に便利なホルダーを用意しました。Bセット、Cセットに標準付属

ワイヤーラックoption

粘着導子やコットンなどを収納するラックを用意しました。

快適性

導子を快適に温める保温プレート

操作パネルと一体の導子トレーには保温プレートを採用。温度調節可能な保温機能が、導子を常に快適な温かさに保ちます。

 

 

吸引によるスポンジの温度低下を軽減

当社の低周波治療器は導子トレーに保温プレートを採用し、吸引導子を快適に温めますが、従来のスリムフィット導子は通気によってスポンジが冷やされるため温度が低減しました。スリムフィットⅡ導子はスポンジに空気が通らない構造により、温かさを保つことが可能。導子の冷感による患者さまの不快感を軽減します。

 

 

主な仕様

  カイネタイザー KT-108+H カイネタイザー KT-108+
販売名 カイネタイザー KT-108
分類 管理医療機器/特定保守管理医療機器
認証番号 231AABZX00011000
一般的名称 低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器
(JMDNコード:70620000)
定格電源電圧および周波数 AC100V 50/60Hz
電源入力 450VA
電撃保護 クラスⅠ機器 BF形装着部
外形寸法 W550 x D475 x H1,380(mm)
質量 50kg
最大出力電圧

低周波出力:75±10Vrms
パルス出力:300Vp±15%

高電圧出力:500Vp以下
最大出力電流

低周波出力:75mArms以下(500Ω負荷)
パルス出力:40mArms±25% 200mAp±25%(500Ω負荷)

出力周波数 低周波出力:1,000~11,000Hz(確度:設定値の±10%)
パルス出力:1~1,000Hz(確度:設定値の±10%)
パルス幅:50,100μs(確度:設定値の±20%)
高電圧出力:0.5~200Hz
(確度:設定値の±10%)
治療波形(出力波形) 正弦波、方形波、シフト正弦波、単方向双対波、双方向対称波
治療時間 1~99分(1分ステップ)、 精度:設定時間の±5%
最大吸引圧力 30±10kPa
周囲温度 10~40℃
相対湿度 30~75%(結露しないこと)
気圧 700~1,060hPa
耐用期間(自主基準) 8年

図面

KT-108+

(単位:mm)