■通所介護費・地域密着型通所介護費

令和3年4月改定
基本イ 通常規模型通所介護費ロ 大規模型通所介護費(Ⅰ)
3時間以上
4時間未満
4時間以上
5時間未満
5時間以上
6時間未満
6時間以上
7時間未満
7時間以上
8時間未満
8時間以上
9時間未満
3時間以上
4時間未満
4時間以上
5時間未満
5時間以上
6時間未満
6時間以上
7時間未満
7時間以上
8時間未満
8時間以上
9時間未満
要 介 護 1 368単位386単位567単位 581単位 655単位 666単位356単位374単位541単位561単位 626単位 644単位
要 介 護 2 421単位442単位670単位 686単位 773単位 787単位407単位428単位640単位664単位 740単位 761単位
要 介 護 3 477単位500単位773単位 792単位 896単位 911単位460単位484単位739単位766単位 857単位 881単位
要 介 護 4 530単位557単位876単位 897単位1,018単位1,036単位511単位538単位836単位867単位 975単位1,002単位
要 介 護 5 585単位614単位979単位1,003単位1,142単位1,162単位565単位594単位935単位969単位1,092単位1,122単位

 

基本 ハ 大規模型通所介護費(Ⅱ)イ 地域密着型通所介護費
3時間以上
4時間未満
4時間以上
5時間未満
5時間以上
6時間未満
6時間以上
7時間未満
7時間以上
8時間未満
8時間以上
9時間未満
3時間以上
4時間未満
4時間以上
5時間未満
5時間以上
6時間未満
6時間以上
7時間未満
7時間以上
8時間未満
8時間以上
9時間未満
要 介 護 1 343単位360単位522単位540単位 604単位 620単位415単位435単位 655単位 676単位 750単位 780単位
要 介 護 2 393単位412単位617単位638単位 713単位 733単位476単位499単位 773単位 798単位 887単位 922単位
要 介 護 3 444単位466単位712単位736単位 826単位 848単位538単位564単位 893単位 922単位1,028単位1,068単位
要 介 護 4 493単位518単位808単位835単位 941単位 965単位598単位627単位1,010単位1,045単位1,168単位1,216単位
要 介 護 5 546単位572単位903単位934単位1,054単位1,081単位661単位693単位1,130単位1,168単位1,308単位1,360単位

 

利用者の数が利用定員を超える場合基本部分の単位×70/100
又は
看護・介護職員の員数が基準に満たない場合基本部分の単位×70/100
2時間以上3時間未満の通所介護を行う場合4時間以上5時間未満の単位×70/100
感染症又は災害の発生を理由とする利用者数の
減少が一定以上生じている場合
基本部分の単位+3/100
8時間以上9時間未満の通所介護の前後に
日常生活上の世話を行う場合
9時間以上10時間未満の場合 +50単位
10時間以上11時間未満の場合+100単位
11時間以上12時間未満の場合+150単位
12時間以上13時間未満の場合+200単位
13時間以上14時間未満の場合+250単位
中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算基本部分の単位+5/100
入浴介助加算(Ⅰ)+40単位/日
入浴介助加算(Ⅱ)+55単位/日
中重度者ケア体制加算+45単位/日
生活機能向上連携加算(Ⅰ)+100単位/月3月に1回を限度
生活機能向上連携加算(Ⅱ)+200単位/月※個別機能訓練加算算定の場合は、+100単位/月
個別機能訓練加算(Ⅰ)イ+56単位/日
個別機能訓練加算(Ⅰ)ロ+85単位/日
個別機能訓練加算(Ⅱ)+20単位/月
ADL維持等加算(Ⅰ)+30単位/月
ADL維持等加算(Ⅱ)+60単位/月
ADL維持等加算(Ⅲ)+3単位/月
認知症加算+60単位/日
若年性認知症利用者受入加算+60単位/日
栄養アセスメント加算+50単位/月
栄養改善加算+200単位/回月2回を限度
口腔・栄養スクリーニング加算(Ⅰ)+20単位/回6月に1回を限度
口腔・栄養スクリーニング加算(Ⅱ)+5単位/回6月に1回を限度
口腔機能向上加算(Ⅰ)+150単位/回月2回を限度
口腔機能向上加算(Ⅱ)+160単位/回月2回を限度
科学的介護推進体制加算+40単位/回
事業所と同一建物に居住する者又は
同一建物から利用する者に通所介護または
地域密着型通所介護を行う場合
-94単位/日
事業所が送迎を行わない場合-47単位/片道

(通所介護費)

ニ サービス提供体制強化加算(1)サービス提供体制強化加算(Ⅰ)1回につき 22単位
(2)サービス提供体制強化加算(Ⅱ)1回につき 18単位
(3)サービス提供体制強化加算(Ⅲ)1回につき  6単位
ホ 介護職員処遇改善加算

注: 所定単位は、イからニまでにより
算定した単位数の合計
(1)介護職員処遇改善加算(Ⅰ)1月につき +所定単位×59/1000
(2)介護職員処遇改善加算(Ⅱ)1月につき +所定単位×43/1000
(3)介護職員処遇改善加算(Ⅲ)1月につき +所定単位×23/1000
(4)介護職員処遇改善加算(Ⅳ)1月につき +(3)の90/100
(5)介護職員処遇改善加算(Ⅴ)1月につき +(3)の80/100
ヘ 介護職員等特定処遇改善加算

注: 所定単位は、イからニまでにより
算定した単位数の合計
(1)介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)1月につき +所定単位×12/1000
(2)介護職員等特定処遇改善加算(Ⅱ)1月につき +所定単位×10/1000

(地域密着型通所介護費)

ハ サービス提供体制強化加算(1)サービス提供体制強化加算(Ⅰ)1回につき 22単位
(2)サービス提供体制強化加算(Ⅱ)1回につき 18単位
(3)サービス提供体制強化加算(Ⅲ)1回につき  6単位
ニ 介護職員処遇改善加算

注: 所定単位は、イからハまでにより
算定した単位数の合計
(1)介護職員処遇改善加算(Ⅰ)1月につき +所定単位×59/1000
(2)介護職員処遇改善加算(Ⅱ)1月につき +所定単位×43/1000
(3)介護職員処遇改善加算(Ⅲ)1月につき +所定単位×23/1000
(4)介護職員処遇改善加算(Ⅳ)1月につき +(3)の90/100
(5)介護職員処遇改善加算(Ⅴ)1月につき +(3)の80/100
ホ 介護職員等特定処遇改善加算

注: 所定単位は、イからハまでにより
算定した単位数の合計
(1)介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)1月につき +所定単位×12/1000
(2)介護職員等特定処遇改善加算(Ⅱ)1月につき +所定単位×10/1000

「感染症又は災害の発生を理由とする利用者数の減少が一定以上生じている場合」、「事業所と同一建物の利用者に通所介護を行う場合」、 「中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算」、「サービス提供体制強化加算」、「介護職員処遇改善加算」及び「介護職員等特定処遇改 善加算」は、支給限度額管理の対象外の算定項目
※ADL維持等加算(Ⅲ)については、令和5年3月31日まで算定可能。

 

出典:厚生労働省 介護報酬の算定構造(令和3年4月改定)を加工して作成