肺機能検査用フィルタ マウスフィルタ [PIF-2A]

マウスフィルタは、唾液や喀痰などを効果的に捕捉することで、機器の細菌汚染を防止し、肺機能検査における安全性を高めます。

※日本呼吸器学会発行の「呼吸機能検査ガイドライン」ではマウスフィルタの使用が推奨されております。

ウィルス捕集効率(VFE)=99.9%以上
細菌捕集効率(BFE)=99.9%以上

  1. 凹みを付け咥えやすくすることで、測定時の呼気吸気の漏れを低減、かつ咥えるための余分な努力を軽減させました。

  2. より透明になり、内部状態もわかりやすく、軽量化も実現しました。(PIF-1Aとの比較)

  3. 帯電フィルタを用いることで、捕集効率を向上させ、かつ適切設計にて呼吸抵抗を低減させました。

主な特長

新型フィルタによる高い細菌・ウィルス捕集効率 99.9%以上

国内カケンテストセンターにおけるバクテリアバリア性試験で、BFEが99.9%以上であるだけでなく、米国ネルソン研究所におけるより詳細な試験でも、BFEが99.9%以上であることが証明され、また米国ネルソン研究所におけるバクテリアバリア性試験よりも厳しいウィルスバリア性試験でも99.9%以上であることが証明されていますので、更に安心してご使用いただけます。

十分に低い呼吸抵抗

呼吸抵抗は1.0cmH2O・sec/L 以下(14L/sec時)と十分に低く測定値に影響を与えません。この値は、ATS(米国胸部疾患学会)が定める厳しい基準をクリアしています。

少ないデッドスペース

マウスピースとフィルタを一体化しているにもかかわらず、使用時のデッドスペース(死腔量)は60mLです。

高い安全性

自動機による自社生産と、ダブル(複数のカメラ+目視による)全数検査を実施し、またケースの組み立てに接着剤等を使用していないため、高い安全性を確保します。

主な仕様

販売名 マウスフィルタ PIF-2A
一般的名称 肺機能検査用フィルタ(JMDNコード:70086000)
認証番号 225AIBZX00074000
分類 管理医療機器

帯電フィルタとは

図

フィルタでは、主に慣性(衝突)作用(impaction)と拡散作用(diffusion)によって捕集が行われています。その傾向として、比較的大きな粒子の捕集については、慣性作用が主流になり、小さい粒子の捕集については、拡散作用が主流になります。(右図)しかし、バクテリア自身の粒子径は、小さいもので0.3μm程度とされているため、慣性作用に加え拡散作用による捕集も考えなくてはならず、この粒子径付近のバクテリア捕集は困難とされています。そこで、ポリプロピレンの板状(38ミクロン×10ミクロン)の繊維一本一本に永久電荷を与え、クーロン力や誘起力によって捕集効果の向上を行ったものが帯電フィルタです。(写真1、写真2)帯電フィルタは、右図に見られるように、μmオーダーでの粒子の捕獲に適したフィルタであり、なおかつ比較的抵抗の小さいフィルタであるため、呼吸機能検査に有効なフィルタであることがわかります。

  • 使用前の帯電フィルタの
    電子顕微鏡写真(400倍)

  • 粉塵付着後の帯電フィルタの
    電子顕微鏡写真(400倍)